ホームページとWEBサイトって同じ?

普段、インターネットを活用していると、良く耳にするホームページやWEBサイトなどの言葉があります。ホームページやWEBサイトを、基本的には同じ意味で使っている人も多いと思います。しかし、2つの言葉少し違いがあります。

WEBサイトとは

まずWEBサイトは、ブラウザのウィンドウに表示されるページのことをWEBページと言います。そのWEBページが集まってできたものをWEBサイトと言います。

ホームページとは

ホームページは、もともとWEBブラウザを起動したときに、最初に表示されるページのことでした。現在もブラウザの設定画面やツールバーには、ホームなどの表記が残っています。ブラウザを起動したときに、多くの人がWEBサイトのトップページを設定したので、WEBサイトのトップページをホームページと言うようになりました。なので、ホームページは、WEBサイトのトップページだけを意味しており、サイト全体を指す言葉ではありません。サイト全体を指す場合は、正しくはWEBサイトと言います。

つまり、WEBサイトは、インターネット上にある1ページ1ページのWEBページが集まったものを意味します。そしてホームページは、もともとはWEBサイトのトップページだけを指す言葉になります。しかし本来は、ホームページは、WEBサイトのトップページだけを指す言葉でしたが、誤った認識によって、ホームページとWEBサイトは、基本的には同じ意味で使われるようになってしまいました。インターネットに詳しい人の中には、ホームページとWEBサイトを使いわけている場合もあるので注意しましょう。

 

ホームページは海外では伝わりにくい

ホームページは海外では本来の意味で伝わらない

また、日本で使われているホームページという言葉は、英語のように思えますが、英語圏では同じ意味では通用しません。英語でホームページと伝えたい場合は、正しくはWEBサイトと言います。日本独自の日本語英語はたくさんありますが、ホームページは日本語英語になるので、英語として使っても正しくは通用しません。