WEBデザインはシンプルにした方が良い理由

昨今では、MVNOの台頭により、リーズナブルな価格でモバイルデータ通信が利用できる環境が整った状況に伴い、スマートフォンやタブレットが爆発的に普及しただけではなく、IoTの発達により、家電製品の分野でも、ネットワーク対応のテレビや家庭用ゲーム機などで、インターネットを利用できる手段は、さまざまなカテゴリーの壁を越えています。

WEBを閲覧する環境で見ていくと、パソコンでは、1980x1080ドットのフルハイビジョン対応のディスプレイが主流となり、4kへの移行が徐々に進んでいる段階で、今後も更なる大型化が続く傾向です。

 

シンプルでユニバーサルなWEBデザイン

シンプルでユニバーサルなWEBサイトを作成しよう

一方、スマートフォンやタブレットでは、もちろんフルハイビジョンに対応したモデルも存在しますが、特に小型のモデルでは、標準規格を大きく逸脱した、メーカー独自の特殊な解像度のディスプレイを搭載したモデルも、数多く存在しています。

かつては、パソコン用のホームページと、モバイル版ホームページの両方を用意するという対策方法もありましたが、もはや、その2種類では対応できないほど、WEBサイトにアクセスするデバイスは、多岐にわたります。

そのすべてに対応するとなると、数え切れないほどのサイトを用意しなければならず、本来の更新やコンテンツの充実にかけるべきリソースを、動作確認に費やされてしまうのであれば、本末転倒です。

最近では、どのようなオペレーティングシステム、解像度でも、あらゆるプラットフォームに対応できる、シンプルなWEBデザインを選択するケースが増えています。

これまで少なくともパソコン用とモバイル用の2つのページを作成していた手間が、1つで済めば時間とコストを大幅に削減できるだけではなく、結果としてシンプルで分かりやすいサイトとなれば、閲覧したユーザーから好印象となり、アクセスアップも期待できます。

大切なのはコンテンツだけではなく、デバイスを選ばない、シンプルでユニバーサルなWEBデザインを構築することが重要です。