バナーデザインでクリック率が変化する?

バナーデザインにあまりこだわっていないという人も少なくないものですが、バナーのデザインは重要なものでありクリック率に大きな影響を与えるものとなっているので、いまいちクリック率が良くないと感じたときには、バナーのデザインを見直してみるのが良いでしょう。

思わずクリックをしてしまうようなバナーと他の広告に埋もれてしまうようなバナーでは、販促効果が大きく変わってきます。

バナーがどれだけ印象を左右するのかというのは、言葉にするとわかりづらいかもしれませんがよく考えてみればわかるものです。

 

バナーデザインで注意をひこう

バナーデザインは興味のきっかけになる

アニメーションがあり商品や企業のイメージを連想することができるバナーというのはクリックをして内容を見てみようと思うものですが、文字だけのバナーの場合には余程のそのものに対して興味が無いのであればクリックをしようとはなりにくいものです。

また、興味を持つ持たない以前にバナーが目に入らなければクリックをすることもありませんから、目立たずに主張の少ないバナーというのは宣伝効果が少ないものとなってしまいます。

目立てばいいというわけではありませんから、あまり派手なバナーにして煩わしさを感じさせてしまうようなことになれば、悪い意味で印象に残ってしまうので逆効果になってしまいますからバナーのデザインは重要なものとなるのです。

興味を持ってもらうことができるようにアピールしつつ悪い印象を残さないデザインにすることで、クリック率を高めることができ宣伝効果を高めることができます。

バナーのデザインは重要といってもどのようなデザインが効果的なのかということに悩んだときには、自力でなんとかしようとはせずにプロのデザイナーに相談をしたり任せてみたりするのも良いでしょう。

プロは思わず目を引くような興味をもつことができるようなバナーをデザインしてくれますから、クリック率の向上につながります。たかがデザインと思いがちですが、ほんの少しの違いで宣伝効果というのは大きく変わってきます。