スマホに対応したWEBデザインは必須事項になりつつある

PCからのWEBサイト閲覧はいよいよ少数派へ

インターネットを通してWEBサイトやサービスを提供する以上、閲覧者のことを考慮しなければなりません。とくにデバイスの移り変わりは、想像以上に早いものです。今やスマホから見る人が6割を占めるようになり、パソコンはむしろ少数派になりつつあります。いつまでも旧来の方法に拘っていると、新規ユーザーを逃しかねません。

 

レスポンシブなWEBサイト作り

レスポンシブなWEBサイトにしよう

ここで重要となるのが、レスポンシブなWEBサイト作りです。これは使用しているデバイスに合わせて、画面サイズなどの表示を自動的に調節してくれることを指します。これまでは携帯電話でパソコンのホームページを見ても、モニターのサイズが違うため、見辛くなるのが常でした。その点、レスポンシブなWEBサイトを構築していれば、デバイスによる違いもなく、たいへん見やすくなります。表示エラーが頻発することもなく、それだけ効果的なアクセス数向上に繋がることもメリットです。

SEO対策上も大切です

こうした施策は、SEO的にも重要な要素となります。大手検索サイトがサイトの価値を決定するのは、機械巡回による調査です。その手間を、レスポンシブデザインを採用したサイトは低減してくれます。結果的に評価も上がりますので、検索結果の上位に表示されやすくなりますから、SEO対策として有用です。スマホから見る人が6割を超えた今だからこそ、サイト運営者はその流れに適応することを要求されています。

毎年のように新機種が発表され、画面サイズの多様化が落ち着く気配はありません。だからこそ、あらかじめレスポンシブデザインを優先させることは、基本中の基本です。とはいえ、運営者の知識が乏しかったり、古かったりすれば実装は困難になります。技術面で手間取ってスタートが遅れるよりも、専門家に委託して迅速に準備を進めたほうが賢明です。サイト構築だけでなく、管理まで手がけてくれる企業もありますので、積極的に利用していきましょう。それが、もっとも有効なSEO対策となります。